digita

  1. ホーム
  2. デジタについて

CORPORATE

I T

代表取締役

藤下和也

「日本の中心に位置する岐阜県恵那市」の静かながらも中央高速道路の恵那I.CやJR中央本線の恵那駅があり、2027年には会社周辺にリニア岐阜県駅(仮称)も完成予定のため交通の便はとても良い環境にあります。
リニア岐阜県駅(仮称)が完成すれば、わずか40分という短時間で東京まで移動する事が可能となり、名古屋はもちろん、大阪への移動も大幅な時間短縮が可能となります。
物流の利便性に加えて立地による津波の恐れもなく、地盤が岩盤のため地震安全地帯の候補にも挙げられるなど、全国屈指の好立地と自負しております。
株式会社デジタは、1987年の創業時から一貫して「柔軟な経営」を続けています。
我が社の前進であるフォトハウス(フォトスタジオ)を始めた頃の1990年、AppleⅡfxコンピューターとAdobe Photoshop ver2.0の導入によって、我が社と切っても切れないコンピューターの関係が始まりました。
以来、ドラムスキャナー・フィルムレコーダーなど電子機器の導入やAdobe Illustratorと共に写植機による版下製作からDTPへと移り変わり、ハイデルベルグのオフセット印刷機の導入と共に印刷業務を開始しました。
さらに、インターネットの普及によって「地域・日本・世界」と瞬時に情報発信ができるようになり、まさに地球全体でのグローバル社会となる中、デジタでも地場による営業サービス体制からインターネットを介した通販事業体制へとシフトし、日本全国のユーザー様とビジネスを共有する事が可能となりました。
現在では「印刷」とは異業種である「求人検索サイト」や、グローバル市場でのより大きな成長を視野に入れたスマートフォンアプリでの「ゲーム開発」も行っています。これらの独立した自社サービスをクロス展開し、新しい経営手法を取り入れながら進化することで、インターネット領域で活躍するIT企業としてのさらなる成長を遂げようとしています。
超高速で変化する時代をデジタにとって絶好のチャンスと捉え、これまで同様「柔軟な経営」を実践し続けることで、より大きな市場への挑戦権の獲得を可能にしています。そして、そのフィールドでしか得ることのできない経験や能力を次の時代への糧にすることで、今後も「継続的な成長」を続けて行きたいと考えています。